2019/6/13 00:01:19

生後5ヶ月の女の子を育てています。新生児の頃から添い乳で寝かしつけ…

hst210
hst210 / 31歳 / 女性 /

生後5ヶ月の女の子を育てています。
新生児の頃から添い乳で寝かしつけをしているのですが、そろそろ添い乳ではない寝かしつけを成功させたいです。
寝かしつけの前には部屋を薄暗くして、授乳して寝たらベッドに置くのですが、しばらくすると起きてしまいます。
しばらくトントンしたりするのですが効果なひ…
仕方なく添い乳してしまいます。

このままクセになってしまって、保育園などに預けた時など、お昼寝できなかったらどうしようという心配があります…

どんな工夫をしたらうまくいくでしょうか…?

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 仮登録名 白井沙良子 2019-06-13 00:15:36
    • 医師(小児科)
    • ●日本小児科学会専門医
    • ●IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

    はじめまして、小児科医・IMPI妊婦と子どもの睡眠コンサルタントの白井です。

    ●まずそもそも、本当に起きてしまっているのか、というところがあります。

    というのも、一見すると目を開けて手足を動かしているように見えても、実は脳は睡眠している、ということは、赤ちゃんによくあることです。ギャン泣きしていても、起きてるというよりは、寝ぼけてるだけの時もあるのです。

    そういう時は、様子を見ているとまた自然と寝つくこともあらます。物理的・精神的に余裕のあるときは、5分程度、泣いて起きたように見えても、そのまま様子をみることを試しても良いです。 

    ●夜寝る環境としては、温度・湿度・遮光(薄暗く、ではなく、完全に真っ暗、のほうが良いです)をみなおします。思ったより子どもは、寝るときヒンヤリしているほうが寝やすいようです(海外の推奨だと20度前後です)。部屋の温度を2-3度下げただけで寝付きが良くなった、というケースもあります。 

    お母さんも夜寝るぞ、という前は、日中以上に頻回に授乳すると、次に起きるまでの時間をかせげることもあります。

    夜間の授乳については、まだ生後5ヶ月、いきなりトレーニングのせいで回数が減ると、発達・成長に影響が出る可能性が否定できません。
    完全に寝落ちするまで授乳、というのを少しずつやめていきます。口にオッパイをくわえていても、もう吸って・飲んでないな、と思ったら、すぐパッとオッパイを離す。また泣いたらくわえさせるが、またすぐ離す、の繰り返しを徹底します。

    また、添い乳からいきなり「横にママがいるだけで寝る」のは厳しいです。
    抱っこゆらゆら → ゆらゆらなし抱っこ・寝ながらハグ→ 背中トントン → 声かけだけ(子どもの体には触れない)などと、各ステップ、数日ずつぐらいかけて、じっくり段階をすすめていく形になります。

    ●昼寝の質や量が不十分だと、夜間覚醒につながります(昼寝させないほうが、夜寝るだろう…はよくある誤解です)。
    疲れすぎると、昼寝の質も悪くなります。生後5ヶ月なら、覚醒して1時間半くらいたつと、脳は疲れて昼寝が必要です。
    夜寝てほしい、と思うなら、より積極的に、昼寝もさせる必要があります。

    一度起きたら1時間くらいたったところで、積極的に寝かしつけてください。そうすることで、日中は(3-4回に分けて)計4-5時間くらい睡眠をとるのが理想です。

    ●なお今後預けたときに心配…とのことですが、今後少しずつ、人見知りや場所見知りがでてくる時期。
    家では添い乳などなくすんなり寝るお子さんでも、預けたら泣きまくって全然寝られなかった、という場合もたくさんあります。
    まだ生後5ヶ月なので、上記のように、1日2回くらいどこかで、完全に寝落ちするまで授乳、という状態をやめていければ十分かと思います。

    ●ここに書けるのは、睡眠の基礎のほんの一部です。
    書籍も様々ありますが、きちんと科学に基づいた情報は、私と同じくIMPI睡眠コンサルタントである、愛波さんの情報を参考にしてください。
    https://books.rakuten.co.jp/rb/15444749/

    少しでもお力になれれば幸いです。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する