2019/6/24 23:22:58

2人目の子供が一歳を過ぎました。そろそろ断乳と思いながらもなかなか…

ちしゃ
ちしゃ / 28歳 / 女性 / 主婦・主夫 /

2人目の子供が一歳を過ぎました。そろそろ断乳と思いながらもなかなか進まず、最近自我が出てきて執着も激しくなりました。まずどのようにして断乳を進めていけばよいのかわかりません。

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 仮登録名 白井沙良子 2019-07-11 17:21:35
    • 医師(小児科)
    • ●日本小児科学会専門医
    • ●IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

    はじめまして、小児科医・IMPI妊婦と子どもの睡眠コンサルタントの白井です。

    ●1歳くらいになると、自我もしっかり出てきて、
    なかなか思うように断乳できないことはよくあります。

    医学的な観点から、断乳は絶対にこうして進めなければいけない、
    というものはありません。
    よくある、乳首にカラシを塗ってとか、おっぱいに鬼の絵を書いて・・・とかでも、
    別にお母さんが抵抗がなければ、どうぞ試してもらって構いません。

    ●ただし授乳がなければ寝られない・泣き止まないなど、授乳が何かしらの安心の材料になっていることも多いので、その場合は、お子さまから単に授乳だけを取り上げようと思っても、お子さんにとってダメージが大きいです。

    ほかに、安心できる行為を見つけてあげる必要があります。
    たとえば寝付くときは、授乳ではなくて、お気に入りの小さなぬいぐるみやタオルを持って寝るようにする、お母さんと手をつないで寝るようにする・・・など、
    なんでも良いですが、無理なく毎日つづけられる行為を、お子さまと一緒に決めます。

    ●また、授乳をなぜやめたいのかを、お子さんに伝えることも大事です。
    たかが1歳・・・と思うかもしれませんが、意外と多くを理解します。

    吸われるとお母さんのおっぱいが痛いから、もう吸わないでほしい、など、
    お子さんに伝えやすいシンプルなもので、なんでもいいです。
    お子さんのキャラクターによっては、おっぱいを吸うと何か怖いキャラクターが夢に出てくる・・・などファンタジー要素があったほうが効果的な場合もあります。

    とにかく大事なのは、お子さんにシンプルかつ何回も、理由を伝えることです。
    理由がわからないと、子どもは行動にうつしません。
    お子さんによっては、イラストでかいたり、視覚化するとより伝わりやすい子もいます。

    実際に授乳しないで過ごせたときは、お気に入りのキャラクターのシールを1枚あげるなど、無理なく続けられるごほうびを決めるのも、効果的です。

    ●色々書きましたが、最初に申し上げたとおり、絶対にこうしなければいけないという方法はありません。

    ただし、お子さんも一人の人間であるということ、だから断乳しなければいけない理由を伝えたり、一緒に授乳以外の安心材料を探してあげたり、といった寄り添いは、できるだけしてあげると、お子さんのダメージが少しでも少ないかと思います。

    少しでもお力になれれば幸いです。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する