2019/7/1 07:27:38

子供がママなど意味のある言葉を話しません。普通はいつから話すのでしょうか?

ごろり
ごろり / 32歳 / 女性 /

子供が、私たちの目を見てママ、パパ、など意味のある言葉を話しません。マやパの発音はできますし、目を合わせるとよく笑い、立っちやあんよなどの体の発達も定型かすこし早いくらいです。いつから意味のある言葉を話すようになるのでしょうか。

1
ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 仮登録名 白井沙良子 2019-07-01 08:30:48
    • 医師(小児科)
    • ●日本小児科学会専門医
    • ●IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

    はじめまして、小児科医の白井です。

    ●お子様が1歳何ヶ月か、実際の細かな発達など、詳細はわかりかねますが、今の時点では様子をみるしかないでしょう。

    1歳半で3個以上の単語、というのは、言語発達上ひとつの目安ですが、それ以後の発達や、言語以外の社会性の発達は、個人差がかなり大きいところです。

    ●言葉の遅れで一番多いのは、表出性言語障害、つまり「言ってること・聞こえてることは、よく分かってる。ただ、話せない。」という状況です。

    この場合は、時が経てば、普通に話せるようになります。話せるようになるきっかけは、集団生活の始まりだったり、はっきりしないこともあります。
    いわゆる「個人差」で片付けられる範囲のものです。

    ●ただし本当に表出性言語障害(いわゆる個人差)で良いかどうかは、今後の発達を見ていくしかありません。

    例えば「指さしは出来ている」といっても、
    「要求の指さし(単に自分の要求を伝えているだけ。相手を、自分の要求を満たす手段としてしか認識していない。)」なのか、
    「共感の指さし(相手にわかってほしい、というより高度なコミュニケーション)」なのか、でだいぶ発達の段階が異なります。

    いつまでも「要求の指さし」しかしない場合は、明らかに発達障害です。ほかにも、バイバイしない、喃語さえも出ていない、などの場合も、時間が経っても、言語表出はむずかしいままかもしれません。
     
    ●このような言語の遅れの原因は、多岐にわたります。頭頸部の奇形や血管障害、発達障害、難聴など…
    いつこれらの検査に踏み切るかは、絶対的な正解はありません。
    頭の中の病気については、MRIを撮るための鎮静のリスクなども考えると、そんなにやすやすとは出来ません。
    難聴については、それよりは気軽に検査できる可能性があります。
    発達障害は3歳以後くらいにならないと、判断が難しいことも多いです。

    ●自宅でできることとしては、生活リズムを整え、しっかり体を使った遊びをし、五感から様々な入力をすることで、お子さんが「伝えるって楽しい!」と思える土台を作ることができます。伝えたいという気持ちがそもそもないと、言葉はでてきません。

    当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、そもそも伝えたいという気持ち、伝えることが楽しいと思える気持ちがそもそもないと、言葉はでてきません。

    世界保健機構の推奨する幼児の過ごし方としては、1日3時間は、なんらかの身体を動かす活動をすべきであり、(睡眠などをのぞき)1時間以上、同じ姿勢でいるのはさけるべき、としています。

    また言語や脳の発達上、テレビの視聴時間は1日2時間まで、少なければ少ないほどよいとしています(米国・日本ともに小児科学会も明言しています)。見るときは、親子間でテレビの内容について、少しでも会話しながら見るようにしてください。 

    ●具体的にどんな遊びや声かけをしたら良いかは、この本を参考にされてください。
    「健診とことばの相談」
    https://books.rakuten.co.jp/rb/988318/

    ●1歳半健診がこれからであれば、そこでの相談でよいでしょう。もう一歳半健診が終わっているのであれば、一度発達支援センターなどに相談して、受診の必要があるかどうか判断をあおいでみるのも一つの手です。

    少しでもお力になれれば幸いです。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する