2019/8/9 15:59:53

現在1歳6カ月の男の子を育てています。起床時間と就寝時間についてな…

3usouso /

現在1歳6カ月の男の子を育てています。
起床時間と就寝時間についてなのですが、なかなか習慣付けが上手くいきません。
この年頃の子どもの起床時間、就寝時間はどれくらいが平均的なのでしょうか?
私の理想としては朝は8時位までに起床、夜は遅くても22時までには寝付いてほしいと思っていますが、現在は朝7時〜8時位に起床した場合15時過ぎにお昼寝してしまいお昼寝時間の長さに関わらずその後は元気いっぱいで早くても23時過ぎ、遅いと1時近くまで寝ません。お昼寝をなんとかさせないようにと思っても絶対寝てしまいます。
また、お昼寝をしない場合は21時〜22時頃にはは寝てくれますが、その場合は朝10時過ぎまで寝ていたような時のみです。
寝るときは寝室に行き部屋を暗くして寝る為の準備をしているのでいつまでも明るい所に居させたり遊ばせたりしているわけでもありません。
ちなみに無理に早く起こそうと試みても機嫌が悪くなり泣きわめきまた寝てしまうだけなので全体的な時間を早めにずらしていくのは現状では難しそうです。
アドバイスお願いします。

1
ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 仮登録名 白井沙良子 2019-08-09 17:33:29
    • 医師(小児科)
    • ●日本小児科学会専門医
    • ●IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

    はじめまして、小児科医・IMPI妊婦と子どもの睡眠コンサルタントの白井です。

    ●就寝時間の理想は、おっしゃるとおり、19時~21時ころです。
    (メラトニンが分泌されて、一番ねつきやすい時間帯という理由です)
    1歳半の場合、昼寝は2時間~2時間半、夜は11時間ちょっと、が理想です。

    ●よくある勘違いが、「昼寝てくれなければ、夜寝るだろう」というものです。
    子供は疲れすぎると、逆にハイになって寝付きが悪くなったり、
    質の良い睡眠が取れなくなったりします。

    たとえば1歳半のお子さんでも、一度おきてから5~6時間すると、
    脳や体は疲れています。ここで疲れすぎないうちに、昼寝に入ることが大切です。
    8時におきた場合、15時までおきていると、7時間経過しているので、
    かなり脳や体は疲れ切っています。
    それよりも前、13時くらいから、積極的に昼寝の体制に入る必要があります。

    時間が遅いだけではなく、疲れ切ってしまった状態で昼寝をとると、
    昼寝の質もよくない可能性が高いです。

    そうすると、ますます夜寝るまでに疲れがたまり、
    夜の寝付きがますます悪くなり・・・という悪循環です。

    ●・・・というわけで、理想としては昼寝の時間を早めて、
    積極的に寝かしつけることですが、メラトニンの分泌リズムもあり、昼寝のタイミングを変えるのはかなりチャレンジングなことです。

    毎日15分ほどずつ、少しずつ昼寝をし始める時間を早めてみることからトライして、
    トライした最初のうちは、13時とかに全然寝てくれなくても、
    暗い部屋で静かに遊んでたらOK,くらいな感じです。

    ●昼寝と同時に、夜寝る時間も15分ずつほど早くしていきます。
    昼寝の改善がむずかしいことと、少しでも睡眠時間を確保すること、
    少しでも疲れをためすぎない状態で寝付きにはいることで、質の良い睡眠をとることが目標だからです。

    ●ここに書けるのは睡眠の基礎知識のほんの一部ですし、お子さんによってもケースバイケース、しかも月齢ごとでどんどん状況が変化します。

    書籍も様々ありますが、きちんと科学に基づいた情報は、私と同じくIMPI睡眠コンサルタントである、愛波さんの情報を参考にしてください。
    https://books.rakuten.co.jp/rb/15444749/

    私も睡眠コンサルタントとしてアドバイスをしていますので、お力になれることがありましたら、ご相談ください。

    http://sayokoshirai.com/
    https://note.mu/sayomama_0903

    少しでもお力になれれば幸いです。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する