2019/6/19 23:18:30

15歳の息子がいます。忘れ物などが多いし、なくし物も多いです。注意…

ハル
ハル / 46歳 / 女性 / 主婦・主夫 /

15歳の息子がいます。忘れ物などが多いし、なくし物も多いです。注意散漫すぎて何度注意してもなかなか治りません。もう15歳なのにと呆れてしまいます。性格なのか、もう治らないのでしょうか?どうしたら気をつけるようになるでしょうか?

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 中山 中山 2019-06-20 10:19:16
    • 保育士

    ハルさん、こんにちは。中山と申します。

    毎日の子育て、お疲れさまです。

    15歳のお子さんが、忘れ物やなくしものが多いということ。親としては、いくつになっても、お子さんに対する心配事は尽きませんよね。

    もう15歳という年齢ですから、あまり親が口出しをせずに、お子さんの自主性に任せてみることも大事だと思います。忘れたりなくしたりして困ったという経験をして、お子さん自身が気を付けていけるように、少し見守ってみるのも良いのではないでしょうか?

    ただ、小さい頃から同じような感じであれば、何か苦手なことがあるのかもしれませんね。
    例えば、
    一度にいくつも指示を出されると覚えられない。
    口で言ってもいまいち伝わらない。など。
    もし思い当たることがあれば、その苦手をうまくカバーしてあげられるサポートは必要だと思います。

    例えば、
    指示をいくつも出されると覚えられないのであれば、一個ずつ話すように心がける。
    口頭で伝えるのではなく、紙などに書いて伝える。
    などですね。

    ただ忘れ物が多い、なくしものが多いだけでなく、それがどういった理由からきているのかを見極めてあげると、言葉がけの仕方もわかってくるのではないかと思います。
    お子さん自身も自分の苦手なことがわかれば、自分で気を付けていけますしね。
    お子さんとも話してみて、何か困っていることがないか聞いてみるのも良いと思います。

    少しでもお役に立てれば幸いです。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する