2019/6/1 19:33:54

赤ちゃんがうつ伏せが好きで、気づいたらうつ伏せで寝ています。最近は…

ぬやー
ぬやー / 40歳 / 女性 / 会社員 / 既婚 /

赤ちゃんがうつ伏せが好きで、気づいたらうつ伏せで寝ています。最近は昼寝も夜も、ほぼうつ伏せ睡眠です。
私が寝ていて気づけないことも多く、SIDSが心配です。

うつ伏せが好きな赤ちゃんは、何が何でも仰向け寝させた方がよいでしょうか。

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 仮登録名 白井沙良子 2019-06-01 19:51:36
    • 医師(小児科)
    • ●日本小児科学会専門医
    • ●IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

    はじめまして、小児科医・IMPI妊婦と子どもの睡眠コンサルタントの白井です。

    ●たしかに、うつ伏せはSIDSのリスクの一つです。避けられればベストですが、100%避けることは難しいです。
    しっかり首がすわり、寝返り返りもできる場合は、うつ伏せで寝ていても良いでしょう、というのが推奨です。

    ●そもそも、うつ伏せがSIDSのリスクと言われる理由(研究の根拠)は、SIDSで亡くなった赤ちゃんをあとから振り返ると、発見されたときの姿勢がうつ伏せが多かった、というものです。(ちなみに、仰向けと比べると、横向きなどの姿勢も、SIDSの確率が高かったという報告があります)

    たしかに、うつ伏せ寝をやめよう、というキャンペーンをしてから、SIDSは減りました。ただし、それがうつ伏せ寝をやめただけの影響とは断言できません。
    SIDSのリスクは他にも様々ありますし(喫煙など)、もともとの赤ちゃんの疾患(遺伝子の変異など)も隠れているのではないかと言われています。

    ●お子さまの月齢がわかりませんが、しっかり首が座って、寝返り返りもできるような場合は、うつ伏せで寝ていても良いでしょう。

    そうでない場合でも、うつ伏せ寝が好きな赤ちゃんは、どんなに頑張っても、うつ伏せの姿勢になってしまうことも多いです。
    お母さんがずっと起きて見張るわけにもいきません。

    その場合は、うつ伏せ寝しても仕方ない、そのかわり、他の睡眠環境を安全に整えてあげることを意識します。
    ベビーベッドに、窒息に繋がりそうな毛布やおもちゃなどが入っていないか。部屋の温度が高すぎないか。などなど。

    うつ伏せ寝以外に、SIDSのリスクになるような因子を、少しでも排除するよう心がける、ということです。

    少しでもお力になれれば幸いです。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する