2019/5/21 13:25:50

はじめまして、現在、4歳と2ケ月の娘がおります。妊娠中から長女が甘…

ほーりー
ほーりー / 38歳 / 女性 /

はじめまして、現在、4歳と2ケ月の娘がおります。
妊娠中から長女が甘えん坊になったりしましたが、がんばってくれています。
2ヶ月の娘は妊娠最後に異常が見つかり、NICUで手術をした後、ようやく我が家に迎えることができました。そして、遺伝子の障害が見つかってしまい、一生大きな病院とお付き合いをしないといけないこと、病気をもらいやすいため、ショッピングセンターなどは避けることなど言われました。
なかなか受け入れづらくも、主人と今後の生活、人生設計を家族みんながにこにこでいられるように計画中です。主人は転勤族だったため、私の実家近く(病院もあり)に家を買い、そこで定住をはかること、みんなで旅行は無理かな、定年後に夫婦二人で海外旅行は難しそう、浮いた分をなんとか娘にかかる費用分として貯めなきゃ!などです。
そこで質問なのですが、妊娠中は35歳以下だったのですが、よく言われる出生前診断などは35歳以下でも通常の産婦人科などの病院で受けることはできたのでしょうか?また、かなりの費用はかかるものだったのでしょうか?すでに顔を見ていて、お世話をしている現在は、可愛く頑張るしかないとは思うのですが、ふと気になります。
 そして、病院では、検査の結果、単純に遺伝子のコピーミスだから次の子どもに関係はない、と言われました。そういう場合、長女としては、ほかに子どもがいた方が嬉しいものでしょうか?(三人目を考えるときは絶対出生前診断を考えています。)
次女の世話はできるだけするつもりですし、金銭的にも頑張るつもりですが、私たちが年老いた時に、長女だけだと重荷になると思います。そういう時、一人よりはほかの兄弟がいた方が気が楽だし、話しやすいかな?結婚などもしやすいかもと思ったりします。

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 女医MARICO 女医MARICO 2019-05-22 18:46:19
    • 医師(皮膚科)
    • 日本医師会認定産業医

     はじめまして、医師の山下真理子です。出生前診断を受けることは可能ですが、一言で「出生前診断」といっても、いろいろな検査があります。
     非確定的検査として、胎児に疾患がある確率を割り出すものは、母体や胎児への影響も少ないです。
     胎児超音波スクリーニング検査(超音波で、耳や鼻、口の位置などの確認、静脈管の血流などを調べる)、母体血清マーカーテスト(妊婦の血液から、胎児が生成するホルモン濃度を調べる検査)、母体血胎児染色体検査(母体の血液から胎児の染色体異常を調べる)があります。胎児超音波スクリーニング検査は4万程度、母体血清マーカーテストは2万円程度、母体血胎児染色体検査は最新の検査になるため、20万円程度です。
     また、疾患が具体的にあるかないかを判断する確定的検査は、絨毛検査と羊水検査があります。子宮頚部にカテーテルを指したり、母体の腹部に針をさしたりなど、多少の痛みを伴うことと、流産や感染症の危険性も多少なりともあります。この検査には、目安として10~15万円程度かかります。
     先天的異常がある場合の介護などの問題は深刻かもしれませんが、兄弟がいたほうが情操教育にもよいという人もいます。
     費用などについては参考程度に考えて、いろいろ検討してみてくださいね。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する