2019/6/23 18:30:27

妊娠9ヶ月目に入って急に脚のむくみで寝れなくなりました。

みな
みな / 28歳 / 女性 /

ただ今妊娠9ヶ月目のものです。

今まで寝れないなんてことが全くなかった私が9ヶ月目に入って急に脚のむくみで寝れなくなりました。抱き枕やマッサージなどあらゆることは試してますが朝までねれないということも多々あります。

なにか改善策はありますでしょうか?

1
ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 仮登録名 白井沙良子 2019-06-23 20:10:10
    • 医師(小児科)
    • ●日本小児科学会専門医
    • ●IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

    はじめまして、小児科医・IMPI妊婦と子どもの睡眠コンサルタントの白井です。

    ●妊娠後期に近づいてくると、80%近い人が睡眠で悩まされます。どうしても、ホルモンや体格の変化などから、睡眠は浅くなります。

    完全に夜ぐっすり、というのは医学的にもムリなので、それを目標にすると余計にストレスです。

    産まれてきた赤ちゃんのお世話で1〜2時間おきに起きなければいけない産後に備えて、こうした変化が起きるのではとも言われています。

    睡眠が多少浅くても、それとうまく付き合うぐらいの気持ちのもちようが大事なのと、また限界はありますが、できうる対策をいくつか挙げさせていただきます。

    ●日中の過ごし方
    1時間ほどの昼寝は、夜の睡眠を良くするために効果があります(日中に疲れをためすぎると、夜の寝付きが悪くなるので)。眠くないのに無理やり昼寝をすすめるわけにはいきませんが、少なくとも体を横にして休息時間を作るのは良いので、試してみてはどうでしょうか。

    午前中に日光を浴びるのも良いので、体調と相談しつつ、朝のうちに日光を浴びる習慣をつけてください。

    ●食事など
    豚・鳥のビタミンB、鮭などのオメガ3脂肪酸、乳製品・白米・パンのトリプトファンなどは、夕食時に食べると、睡眠を深くする効果が報告されています。

    またどうしても妊娠中は頻尿になるので、夕食後〜睡眠前の水分を少なめにし、この時間はカフェインも避けたほうが効果はあるでしょう。
     
    ●寝るときに関して
    大きくなった子宮と、体の中の血管の位置の都合上、左を下にした横向き(シムス)をとるだけで、だいぶ楽になるという妊婦さんが多いです。

    なにか決まったストレッチや読書など、睡眠前に必ずこれをする、という儀式を意識的にするのも効果的です。
    これは赤ちゃんが生まれた後、赤ちゃんの寝付きを良くするためにも使えます。
    ブルーライトを使わない、毎日気軽にできる内容と時間で、何かやってみてはいかがでしょうか。

    また途中で起きてしまったときも、ブルーライトは禁物です。一度見ただけで、それまでとってきた睡眠もリセットされる、ぐらいに思ってください。

    寝室は寝るところ、という境界線が大事なので、10分たっても寝付けないというときは、一度リビングなどに行き、音楽などを聞いて、眠くなったらまた診察に戻る…のような行動が理想的です。

    寝ている間、ホワイトノイズ(テレビのザーザー音)をつけておくと効果がある人もいます

    少しでもお力になれれば幸いです。
    良いお産をお祈りしています。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する