2019/8/9 16:17:18

生後3ヶ月の男の子です。夏の寝苦しい夜をどうすれば少しでも快適に寝…

kyow
kyow / 41歳 / 女性 /

生後3ヶ月の男の子です。夏の寝苦しい夜をどうすれば少しでも快適に寝れるか、毎日試行錯誤しています。
基本肌着1枚で寝ています。エアコンは27℃でミスト扇風機をつけて寝ています。扇風機の高さの調整が出来ずちょうど体に当たるので、ガーゼ素材のブランケットをお腹にかけています。
授乳などで起きると、後頭部と背中に汗をかいていますが、手足はひんやりしてたりします。着替える時もありますが、そのまま寝る時もあります。そんな時は鼻の奥がつまってしんどそうにして、布団に寝かすとすぐに起きてしまいます。
よく汗をかく子ではありますが、エアコンなどの風が直接当たるのは良くないかなと思い、ブランケットをかけてます。それが暑いのかなと思い、何もかけずに寝る日もありますが、夜中鼻の奥がつまってしんどそうにします。
大人が肌寒いかなと思う時も汗をかいていたり、かといって保冷剤を使うのもあまり良くないと聞きました。また、鼻がしんどくなると抱っこでしか寝てくれなくなったり、鼻の奥がつまってるのが続くと中耳炎の心配もあるので、何かいい方法があれば教えてほしいです。

1
ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 仮登録名 白井沙良子 2019-08-09 17:38:22
    • 医師(小児科)
    • ●日本小児科学会専門医
    • ●IPHI 妊婦と子どもの睡眠コンサルタント

    小児科医・IMPI妊婦と子どもの睡眠コンサルタントの立場からも、
    コメントさせてください。

    ●睡眠環境として推奨されているのは、室温は20度前半、湿度は50%前後です。
    もちろん個人差や、住宅環境にもよりますが、意外と寒い!と感じるくらいが、
    お子さまの寝付きにも良いことが知られています。

    ●月齢が低いと、手足がどうしても冷えてしまいます。
    ブランケットを蹴ってしまうことも多いので、ぜひスリーパーを活用していただきたいです。ガーゼ素材のものも、1重~6重まで、様々な厚さがあります。

    あまりこわいことは言いたくないですが、熱がこもりすぎることや、
    寝室に毛布などがあることは、乳幼児突然死症候群のリスクにもなります。

    安全な睡眠環境、という意味でも、上記を参考いただければ幸いです。

  2. 専門家からの回答

  3. 中村 恵 中村 恵 2019-08-09 17:29:13
    • 保育士
    • 幼稚園教諭

    はじめまして、中村恵と申します。

    日々の子育てお疲れ様です。

    まだ3ヶ月のお子さまの体温調節について、まだまだ寝てる事の多いお子さま、暑い日も暑い夜も続き、寝汗もとても気になりますよね。お気持ちよくわかります。

    寝ているときに汗をたくさんかくのは、赤ちゃん自身が体温を一定に保つ為、体温調節中枢が働いているそうです。寝汗をかくのは体にとって必要なことだと思います。しかし、赤ちゃんの寝汗をそのままにしておくと、風邪を引いたり、あせもや痒みの原因になってしまうかと思いますので、赤ちゃんが寝汗をかいても快適に過ごせるように対策をしてあげたいものですね。

    さて、kyowさんのお子さまに対しての寝汗対策ですが、とてもいいと思います。

    少しでもお子さまに快適に過ごさせてあげたいという気持ちがとても伝わります。

    赤ちゃんのうちは、体温調節がまだ上手ではないので、赤ちゃんに着せる服の枚数や素材(通気性の良いもの)などでうまく調節してあげる必要があります。
    また、赤ちゃんは大人よりもずっと汗をかきやすいので、こまめに拭いてあげてくださいね。(夜寝ている間は何度も拭くのは難しいと思いますのでパジャマなどは通気性の良いものがいいと思います。汗取りパッドなども寝る時には上手く活用されるといいと思います。)

    また赤ちゃんは室内では素足でいることが大切と言われていますので室内のくつ下もあまりよくありません。もし、履かせているようならやめた方がいいと思います。
    素足で過ごす事で赤ちゃんの足には体にこもった不要な熱を外に出す機能が備わっているそうです。

    赤ちゃんは汗をかくのは仕方ない事ですので、かいた汗をこまめにふくようにして体が冷えたりしないように対策してあげてくださいね。
    さまざまな意見の中の一つとして参考になれば幸いです。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する