2020/2/26 04:36:25

ポリオワクチン予防接種を重複(2種類?)して接種したようです。

maikosato333 /

予防接種についてご相談させてください。

現在、海外で8ヶ月の赤ちゃんの育児をしています。相談はポリオワクチンについてですが、こちらでは生後すぐから経口ワクチンの接種があり、これまで2ヶ月ごとに接種がありました。先日、近所の医療センター(と、地元の人は呼びますが、日本の保健センターのような所)で、ポリオの2価ワクチンの接種が行われていました。2ヶ月ごとの定期接種(こちらは2価なのか3価なのかわかりません)をしていても受けるものだと言われ、同じく経口接種だったのですが、なぜ両方受けなければならないのか、それぞれの違いが何なのかよくわからず(私は英語ではない現地の言語は話せません)接種させてしまって良かったのか不安です。今後も予定を見ると、定期接種は続き、今回の2価のものは不定期に行われているようで、今後も年1回あるようです。

ポリオワクチンについての知識がなく、なぜ2種類を別々に接種しなければならないのか、そもそも両方を受けなければならないのか、受けた場合影響はないのか、今後も不定期があったら受けるべきなのか、ぜひ教えていただければと思います。よろしくお願い致します。

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 松岡勇太 松岡勇太 2020-02-27 16:45:46
    • 医師(産婦人科、内科、精神科)
    • 栄養士(産婦人科、内科、精神科)

    こんにちわ。

    >現在、海外で8ヶ月の赤ちゃんの育児をしています。相談はポリオワクチンについてですが、こちらでは生後すぐから経口ワクチンの接種があり、これまで2ヶ月ごとに接種がありました。ポリオの2価ワクチンの接種が行われていました。2ヶ月ごとの定期接種(こちらは2価なのか3価なのかわかりません)をしていても受けるものだと言われ、同じく経口接種だったのですが、なぜ両方受けなければならないのか、それぞれの違いが何なのかよくわからず。

    → おそらく、メインの免疫獲得用の生ワクチンとブースト用の不活化ワクチンなんでしょう。生ワクチンのほうが腸での免疫獲得に優れ、経口で簡便であること、集団免疫効果(集団の中に感染患者が出ても流行を阻止することができる)が強いのに対し、逆に不活化ワクチンは 注射でやや煩雑だが、血液中での免疫効果に優れるなどお互いを補う特徴があります。

    >ポリオワクチンについての知識がなく、なぜ2種類を別々に接種しなければならないのか、そもそも両方を受けなければならないのか、受けた場合影響はないのか、今後も不定期があったら受けるべきなのか、ぜひ教えていただければと思います。

    → 海外の場所にもよりますが、流行国と非流行国で対応は異なるかもしれません。
    2種類別々に摂取および、間をあける理由などについては
    https://www.wakuchin.net/about/type.html
    が分かりやすいと思います。生ワクチンによる副作用は数百万に1人ですし、ポリオ感染のリスクを考えると3回目も任意接種かもしれませんが受けたほうがよいとおもいます。

    1
  2. 専門家からの回答

  3. jigokushoujoennmaai 藤原芳子 2020-02-26 12:54:31
    • 医師

    こんにちは。

    ポリオワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。おそらく口から飲むのが生ワクチン、注射が不活化ワクチンだと思います。生ワクチンはその病原体が体内に入ってくるのと似た経路で体に入れたほうが効きやすい場合があり、そのためポリオ・ロタウイルスなど口から体内に入ってくる病原体に対しての生ワクチンは口から飲むことになります。
    生ワクチンのほうが免疫を作る力は強いですが、わずかな確率で、本当にその病原体にかかって病気が起こることもあるとされています。不活化ワクチンではそういうことはありません。
    日本ではポリオは根絶され新規発生しなくなっているので、安全性の高い不活化ワクチンが現在使用されています。しかし世界的に見るとポリオがまだ発生している地域もあるので、そういった地域では、効果が高い生ワクチンを使うのではないかと思います。

    日本ではもう生ワクチンは使われていないので、生と不活化の両方を受けるという人は、むかし生ワクチンを受けたあとで生から不活化への切り替え時期が来たために、追加接種としての生ワクチンを受けられなかった人などに限られると思いますが、そういった方は、1回目は生、それ以後は不活化ワクチンということもあります。

    日本では、生を受けつつ不活化も受けるということはないですが、一般的に考えて、両方受けて何か悪いことが起こるということは考えにくく、現地の人が生も不活化も両方受けているのであれば、そういう必要性があるほど流行が起こりえる地域なのだろうと考えるのが普通かと思います。

    ただワクチン行政というのは、その国・地域の流行状況に大いに影響されますので、日本の常識では解釈しきれない場合もあると思います。やはり現地の医療関係者に納得いくまで話を聞く必要があると思います。現地の日本人コミュニティの人や、プロの通訳を頼んだり、現地の大使館にご相談されるなどもあるかもしれません。大使館には日本の医師がいることもありますし、日本人街などがあれば日本語対応可能の医師がいることもありえると思います。また日本語でなくて英語でいいのであれば、英語で対応してもらえる医師はさらに見つかりやすいのではないかと思います。

    日本の情報ですがポリオについてのページです。
    http://www.know-vpd.jp/children/va_polio.htm
    http://www.know-vpd.jp/children/va_fk_polio.htm
    https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/qa.html

    1
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する

\すでに会員登録済みの方/

ログイン

\まだ会員登録していない方/

会員登録

\0円で専門家に何度でも相談!/

専門家に無料相談
\そのお悩み、お気軽に相談してください!/
妊活、妊娠、子育ての悩みを専門家に無料で相談しませんか?
無料相談はコチラ
\そのお悩み、お気軽に相談してください!/
妊活、妊娠、子育ての悩みを専門家に無料相談!
無料相談する