2022/6/17 12:22:08

6才の子ですが、平熱が36.9〜37.4度ほどあります。こんなご時…

ましゅまろ
ましゅまろ / 27歳 / 女性 /

6才の子ですが、平熱が36.9〜37.4度ほどあります。
こんなご時世なので仕方ないと思うのですが、
保育園から37.5度未満でもしょっちゅう連絡があり迎えに行きます。
頭痛や腹痛、咳など体調不良であれば仕方ないのですが本人はいたって元気です。
小児科の先生に一度相談したのですが
「平熱が高い子は37.5度こえて発熱だよ」と言われ、
保育園にも伝えたのですが、やはり37.5度未満でもお迎えの連絡がきます。
これから暑い季節になり体温もあがるので、何度も連絡がくると思うととても憂鬱です。
ただ、我が子だけ37度をこえて登園するのも他のお母さんからしたら不公平なような気もしますし、
37度超えて登園不可になると我が子はほぼ登園できません。
(保育園で平熱が37度をこえるのは我が子だけのようです)
私自身仕事もあり、迎えに行った息子は自宅に帰って元気に遊んでいることにとてもイライラしてしまいます…。

平熱の高い子は仕方ないのでしょうか?

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. jigokushoujoennmaai 藤原芳子 2022-06-20 20:30:22
    • 医師

    こんにちは。

    体温計測は、わきで計測するか、耳やおでこで計測するか、わきの下ならわきの下をしっかり拭いて汗で濡れていない状況にするか、計測前に運動・飲食・泣くなどをしていないか、などによっても変わってきます。保育園でどのように計測をしているのかを確認され、適切に計測できているかをご確認されても良いかもしれません。

    保育士さんの本音としては、恐らく、忙しいお母さんに「迎えに来てください」と電話をするのも心苦しいのだろうと思います。喜んで「お迎えに来てください」コールをしている保育士はいないと思います。保育士も、本当に体調が悪そうなのかどうかは分かっていると思います。しかし規則がある以上、現場としてはルールに従わざるを得ないのだと思います。ですので園長や、保育園と連携している園医・看護師などがいるならそちらと相談され、平熱が高い子は、平熱プラス1度を超えた時点で呼び出しにするなどの措置をしてもらう、他の保護者にも納得のいくルールを作ってもらうという方向に向かうほうがよいのかもしれません。

  2. 専門家からの回答

  3. 小児科じゅう 速水 雄大 2022-06-17 13:11:27
    • 医師(小児科)
    • 医師免許
    • 小児科専門医
    • NCPR(新生児蘇生法)

    ご相談ありがとうございます. 小児科医の速水です. 

    非常に難しい問題だと感じます。
    僕もその小児科の先生と同じ意見です。
     元から平熱が高い子がいるのは事実で、僕も同じように
    「37.5度を超えた時が発熱」だとお伝えしています。

    保育園の方針を変えるのは難しいので、
    かかりつけのDrに「37.5度を超えた時のみ発熱として扱う対応で問題ない」と意見書(一筆)書いてもらうのことが、方針を柔軟にしてもらえるかもしれないと思います。

    少しでも参考になれば幸いです。

    1. ましゅまろ ましゅまろ 2022-06-17 13:25:52

      速水様

      お忙しい中ご返信いただきありがとうございます。

      やはり平熱の高い子はいるんですね。安心しました。
      このご時世なかなか難しいかと思いますが、あまりにも続くようでしたら小児科の先生に意見書の相談をしてみようと思います。

      ありがとうございました。

    2. 小児科じゅう 速水 雄大 2022-06-18 08:07:27
      • 医師(小児科)
      • 医師免許
      • 小児科専門医
      • NCPR(新生児蘇生法)

      ご返信頂きありがとうございます.

      保護者の方にとっても大変だと思います、
      ただお子さんの体の調子が悪いわけではないので、その点はご安心くださいね。

      また何か有れば遠慮なくご相談ください。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する