2022/2/26 09:49:40

妊娠6ヶ月に入ったばかりの妊婦です。昨晩から目に少し違和感があり、…

ほっぺママ
ほっぺママ / 33歳 / 女性 / 主婦・主夫 / 既婚 /

妊娠6ヶ月に入ったばかりの妊婦です。昨晩から目に少し違和感があり、見てみると瞼のふちに小さな白いプツプツが出来ていました。ものもらいかなと思うのですが、市販薬を使っても大丈夫でしょうか…?コロナでは無いのですが、娘が風邪っぽいのと、一人で外来をという病院が多いので、なかなか行けなそうで。なるべく早めに対処したいです。

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 松岡勇太 松岡勇太 2022-03-24 11:17:41
    • 医師(産婦人科、内科、精神科)
    • 栄養士(産婦人科、内科、精神科)

    妊娠6ヶ月に入ったばかりの妊婦です。昨晩から目に少し違和感があり、見てみると瞼のふちに小さな白いプツプツが出来ていました。ものもらいかなと思うのですが、市販薬を使っても大丈夫でしょうか…?コロナでは無いのですが、娘が風邪っぽいのと、一人で外来をという病院が多いので、なかなか行けなそうで。なるべく早めに対処したいです。

    →その程度であれば市販薬でも問題はないレベルかと思います、白目の充血や目が痛くてあけれないレベルであれば角膜の影響などではやめがいいので眼科 になります。セルフケアで3-4日様子を見る形で問題ないでしょう。点眼薬で妊娠に影響はほとんどないと思いますが、薬局でも聞いてみましょう

  2. 専門家からの回答

  3. 小児科じゅう 速水 雄大 2022-02-26 11:28:45
    • 医師(小児科)
    • 医師免許
    • 小児科専門医
    • NCPR(新生児蘇生法)

    ご相談ありがとうございます. 小児科医の速水です. 

    妊娠おめでとうございます.
    なるべく早めに, ということですので, 他に詳しい方がいるかもしれませんが, 回答させてだきます.

    ものもらいを疑うような症状, ということですので, おそらく抗菌作用・抗炎症作用を含む点眼薬を使うことになると思います.
    そして相談者様が妊娠6か月に入った, つまり妊娠21週頃, ということだと思います.

    この場合, 【基本的にはリスクはほとんどない】と思います.
    その理由は以下の通りです.

    1.点眼薬は内服薬に比べて, 体内に吸収される薬剤の量が少ない.
    目だけで効果を発揮するのでお母さんの血液の中に薬の成分はほとんど入らないと思いますし, お母さんの血液に薬が入らないということは赤ちゃんがいる子宮にも薬は届きません.

    2.薬が赤ちゃんに影響するリスクが高い時期を過ぎている.
    一口に妊娠中と言っても, その時期によって, 薬が赤ちゃんに影響を与えるリスクは異なります.
    最もリスクが高いのは妊娠初期, 12週までです.
     その時期を過ぎていることが安心して薬を使える2つ目の理由になります.

    3. 薬の種類
    抗菌作用を発揮するのは抗菌薬で, 抗炎症作用を含むのはステロイドです.
     この2つの薬であれば基本的には妊娠初期でなければ安全に使えます.
    薬によっては妊娠中は禁忌となっていますが, 明らかな有害事象があることが証明されていないことが多いです.
     言い換えると安全性が確立されていないために妊娠中は使えないとなっていますが, それがすなわち, 赤ちゃんに悪いことが起きる, という意味ではないのです.
    ただ緑内障の時に使う点眼薬だけは妊娠中は使わないように注意してください.

    以上の理由から妊娠20週を過ぎていて, 抗菌作用・抗炎症作用の点眼薬を短期間使うのであれば,
     赤ちゃんへの影響はないと考えて良いと思います.

    少しでも参考になれば幸いです.

    1. ほっぺママ ほっぺママ 2022-02-26 12:32:28

      とても丁寧にありがとうございます!上の子の妊娠の時は、同様な症状で眼科に行ったのですがやはり薬剤師の方に同じような説明をしていただいたのを思い出しました。
      先生のお話を参考に動きます。少し気持ちがほっとしました。

    2. 小児科じゅう 速水 雄大 2022-02-27 22:27:04
      • 医師(小児科)
      • 医師免許
      • 小児科専門医
      • NCPR(新生児蘇生法)

      返信ありがとうございます.
      お役に立てていれば嬉しいです.

      コロナも終息しておらず大変なことも多いかもしれませんが, 相談者様, 赤ちゃん, ご家族みなさんがいい方向に進むことを願っております.

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する