2022/6/24 18:23:27

5歳年長の女の子です。去年あたりから視力が下がりはじめ、今月の検診…

れもん
れもん / 42歳 / 女性 / 主婦・主夫 / 既婚 /

5歳年長の女の子です。
去年あたりから視力が下がりはじめ、今月の検診で右目0.2左0.3でした。
近視と診断されました。
私も主人も目が悪い為、(私も主人も裸眼では0.1ないです)遺伝、いつかはなると先生に言われていましたが、まだ5歳でと大変ショックを受けました。
視力は20歳頃まで変わると聞いた事があるのですが、こんなに早く近視になってしまって大丈夫でしょうか?
どんどん悪くなっていって矯正視力でも見えなくなるとか、そんか心配はないでしょうか?
とても不安です。

ブックマーク
\Q&Aが役に立ったらシェア!/

    専門家からの回答

  1. 松岡勇太 松岡勇太 2022-07-25 10:01:08
    • 医師(産婦人科、内科、精神科)
    • 栄養士(産婦人科、内科、精神科)

    近視はかなり遺伝によるところが大きいのでそれで落ち込んで心配する方がかえってメンタル的にも育児によくないです、前向きに考えればメガネなど調整すればだいじょぶですので、あまり気落ちする必要はないです

  2. 専門家からの回答

  3. jigokushoujoennmaai 藤原芳子 2022-06-27 18:14:14
    • 医師

    こんにちは。

    近視は、遺伝的な要素もあるとは言われておりますが、単純な遺伝のみで決まるわけではありません。
    「私がテレビを見せすぎたのでは・・・」などとご自身を責める保護者の方もおられますが、同じ生活をしていても、どの程度近視になるかは人それぞれです。
    大草原で野生動物を追いかけて食べていた原始人にとっては、近視は生存に不利ですが、パソコンなどを見て過ごすことが多い現代人にとっては、近視は生存に影響がないという見方もあるかもしれません。
    おっしゃるとおり、眼鏡やコンタクトレンズをかけても視力が出ないような病気を伴う近視の方もおられはしますが(変性近視とか病的近視などと呼ぶこともあります)、子供のころから近視だった人が進行して変性近視になるのか、それとも変性近視というのは現代ではまだ分かっていない原因によって特定の人にのみ起こる病気なのかということは分かっていません。
    学校などでもタブレット端末を使うようになったりして、子供の目にかかる負担が増えているなか、学会などでも情報提供を行っているので、以下などをご参考に、何でも相談しやすい、子供の診療になれた眼科のかかりつけ医を作って定期受診されるのがよいかもしれません。
    https://www.gankaikai.or.jp/health/57/index.html
    https://www.gankaikai.or.jp/info/detail/post_132.html

  4. 専門家からの回答

  5. 小児科じゅう 速水 雄大 2022-06-26 06:52:59
    • 医師(小児科)
    • 医師免許
    • 小児科専門医
    • NCPR(新生児蘇生法)

    ご相談ありがとうございます. 小児科医の速水です. 

    おっしゃるように視力は親御さんからお子さんに遺伝することが知られています。

    眼球の形や、ピントを調節する筋肉の形が遺伝するからです。

    見えづらくなってしまうのは事実だと思いますが、
    逆に言えば親御さんと同じように0.1の視力は保たれるともいえると思います。

    また、医学の発展でお子さんの時代には視力の問題を解決する治療法が出てくるかも知れません。

    悲観的になってしまう状況と思いますが、
    少しでも参考になればと思います。

    1. れもん れもん 2022-06-26 23:13:57

      速水様
      ありがとうございます。
      本当に心配で心配で。
      ですが心配しすぎても良くないなト思いました。ありがとうございました。

    2. 小児科じゅう 速水 雄大 2022-06-27 17:25:04
      • 医師(小児科)
      • 医師免許
      • 小児科専門医
      • NCPR(新生児蘇生法)

      ご返信ありがとうございます。

      ご両親が心配していると、
      お子さんが、「目が悪くなった」と言いにくくなってしまうこともあるので、
      お子さんが相談しやすい状況を作ってあげてくださいね。

      これからも何かあればいつでも相談なさってくださいね。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して、ご参考にしていただくようお願いいたします。

子育ての疑問やお悩みを専門家に無料相談しませんか?

  • 妊活(不妊を含む)、妊娠・出産、子育てに関する相談ならなんでもOK!
  • 産婦人科医、小児科医、保育士、管理栄養士などの専門家が回答します。
  • 専門家は有資格者で信頼できる人のみ厳選!
専門家に無料相談する